製品情報 /RFiD リアルタイム工程情報収集システム

各工程の作業進捗をリアルタイムに収集し、基幹業務に通知する事ができます。

工程情報収集システムは、無線識別(RFID)を利用し各工程の作業進捗情報をリアルタイムに収集し、基幹業務(生産管理システムなど)に通知する事ができます。バーコードや手入力に比べ作業者が意識することなく、また手間をかけずに情報収集が行えるため、情報の取りこぼしや遅れがなく・的確な分析・現場への指示などが効率よく可能となります。

システム構成図

image
作業者が各工程に設置されたICタグリーダ・ライタにICタグ付きの作業指示書(工程表)置くだけで自動的に作業実績情報を収集します。作業指示書が置かれている時間を作業の開始~終了と判定します、もちろん担当者・設備の付加情報も同時に情報として収集することも可能です。
image

特長

製造工程内での「いつ」「どこ」「だれ」「なに」をICタグを使って簡単に
かつ、リアルタイムに「視える化」できます。

いつ

情報収集用アンテナに各カードが「いつ」入った(出た)日時と経過時間をリアルタイムに記録します。

どこ

設備(ライン)毎にカードを作成し「どこ」の設備が稼働しているかを記録します。

だれ

作業者毎にカードを作成し「だれ」が作業しているかを記録します。

いつ

生産計画に沿った指示書カードを作成し「なに」を作っているかを記録します。

お客様の運用に会ったデータ集計をするだけ。

設備別日報/月報(設備稼働率管理)

作業者別日報/月報(査定/評価)

品番別日報/月報(出来高管理)

予実管理(工程負荷)

仕掛り情報(納期対策)

過去データ(トレーサビリティー)

動画導入事例貸出希望カタログダウンロード
お問い合わせ製品情報サポート会社案内
PAGE_TOP